ゲーム紹介

ゲーム紹介

  • ストーリー
  • キャラクター
  • 英霊たち
  • バトルシステム
  • シティシステム
  • ストーリー
  • キャラクター
  • 英霊たち
  • バトルシステム
  • シティシステム

英霊たち

英霊たち

  • カニディア
    CV.芹澤優
    「魔法と薬の力、とくと照覧あれ」
    カニディア

    自称天才薬師。大口をたたくだけの実力はあるが詰めが甘い。
    森の中に研究所を立て、普段はそこで薬の開発をしている。
    時折町に出てきては住民の悩みを聞き、薬で解決を試みる。
    奉仕精神と言うよりは単に自分の趣味嗜好を満たすための
    行動であるが、住民からはおおむね好評である。

  • マーリン
    CV.江原正士
    「むむ、戦闘かの?」
    マーリン
    希代の魔術師と称されるほど、高い魔力と知恵を兼ね備えた賢者。
    なのだが、基本的にやる気は見せず、遊びやスケベなことを
    考えている爺さん。
    極度の負けず嫌いで賢者とは程遠い行動をしばしばとるが、
    やる時はやるタイプ。
    自分の気に食わないことがあれば、全力を出してそれを阻止する。
    時には、汚い手を使ってでも勝利をもぎ取ろうとすることも。
    この世界についてからは、悠々自適に日々を送っている模様。
  • スカアハ
    CV.柚木涼香
    「魔槍のエサにしてやる」
    スカアハ
    影の国の女王であり、槍術と魔術のスペシャリスト。
    この世界に召喚されてからは戦う意義を見出せずに、
    ひたすら闇の中での瞑想を嗜んでいた。
    しかし潜在的には戦うこと、自分の実力を世に知らしめることを
    望んでいる。
    基本的には無口で不愛想だが、人間不信というわけではないらしく、人を認める際には何か決定的な理由がなければならないとのことだ。
  • ランスロット
    CV.関俊彦
    「来い、俺が相手をしてやる」
    ランスロット
    気難しく、近寄りがたい雰囲気のある一匹狼。正しく、孤高を体現したような男。
    その卓越した剣技や何気ない立ち振る舞いから感じる気品、騎士道に対する高潔さ ――そして、彼が携えた水鏡のように美しい剣は、ランスロットが間違いなく騎士であることの証明である。
    しかし、その確固たる信念があるために、現在の自分自身を騎士としては認められないらしく、
    そう呼ばれることをあまりよく思っていない様子を度々見せている。
  • ブリュンヒルデ
    CV.阿澄佳奈
    「ふぁぁ……んぁ、戦闘?」
    ブリュンヒルデ
    見た目は容姿端麗で、神聖さを感じさせるほどの美貌を持つ女性。
    しかし、戦闘以外では寝てばかりのぐうたら女性であり、
    あまりその真実を知られてない。
    どんな場所でも即座に寝られる特技を持ち、
    よく寝るスポットは木の陰。
    戦いになれば、目で追ってしまうほど美しい太刀筋で敵を打ち倒していく。
    顔つきも引き締まり、普段とは別人のように振る舞うので、
    この姿を知らない者は必ず戸惑うほど。
  • クリュセイス
    CV.加藤英美里
    「あはっ! やっちゃうぞー!」
    クリュセイス
    ちょっぴりわがままで、キラキラしたものと
    お菓子が大好きな美少女。
    背中には常にぬいぐるみをくくりつけており、
    何よりも大切に扱っている。
    基本的には明るい性格で、自由奔放に生きているのだが、
    過去のトラウマが彼女に大きく影響を与えたらしく、
    不安に怯える一面も。
    メルメルと色んな意味で仲が良く、一緒に遊んでいる場面が
    しばしば見受けられる。
  • カニディア
    「魔法と薬の力、とくと照覧あれ」
    カニディア
    CV.芹澤優

    自称天才薬師。大口をたたくだけの実力はあるが詰めが甘い。
    森の中に研究所を立て、普段はそこで薬の開発をしている。
    時折町に出てきては住民の悩みを聞き、薬で解決を試みる。
    奉仕精神と言うよりは単に自分の趣味嗜好を満たすための行動であるが、住民からはおおむね好評である。

  • マーリン
    「魔法と薬の力、とくと照覧あれ」
    マーリン
    CV.江原正士

    希代の魔術師と称されるほど、高い魔力と知恵を兼ね備えた賢者。
    なのだが、基本的にやる気は見せず、遊びやスケベなことを考えている爺さん。
    極度の負けず嫌いで賢者とは程遠い行動をしばしばとるが、やる時はやるタイプ。
    自分の気に食わないことがあれば、全力を出してそれを阻止する。
    時には、汚い手を使ってでも勝利をもぎ取ろうとすることも。
    この世界についてからは、悠々自適に日々を送っている模様。

  • スカアハ
    「魔槍のエサにしてやる」
    スカアハ
    CV.柚木涼香

    影の国の女王であり、槍術と魔術のスペシャリスト。
    この世界に召喚されてからは戦う意義を見出せずに、ひたすら闇の中での瞑想を嗜んでいた。
    しかし潜在的には戦うこと、自分の実力を世に知らしめることを望んでいる。
    基本的には無口で不愛想だが、人間不信というわけではないらしく、人を認める際には何か決定的な理由がなければならないとのことだ。

  • ランスロット
    「来い、俺が相手をしてやる」
    ランスロット
    CV.関俊彦

    気難しく、近寄りがたい雰囲気のある一匹狼。正しく、孤高を体現したような男。
    その卓越した剣技や何気ない立ち振る舞いから感じる気品、騎士道に対する高潔さ
    ――そして、彼が携えた水鏡のように美しい剣は、ランスロットが間違いなく騎士であることの証明である。
    しかし、その確固たる信念があるために、現在の自分自身を騎士としては認められないらしく、
    そう呼ばれることをあまりよく思っていない様子を度々見せている。

  • ブリュンヒルデ
    「ふぁぁ……んぁ、戦闘?」
    ブリュンヒルデ
    CV.阿澄佳奈

    見た目は容姿端麗で、神聖さを感じさせるほどの美貌を持つ女性。
    しかし、戦闘以外では寝てばかりのぐうたら女性であり、あまりその真実を知られてない。
    どんな場所でも即座に寝られる特技を持ち、よく寝るスポットは木の陰。
    戦いになれば、目で追ってしまうほど美しい太刀筋で敵を打ち倒していく。
    顔つきも引き締まり、普段とは別人のように振る舞うので、この姿を知らない者は必ず戸惑うほど。

  • クリュセイス
    「あはっ! やっちゃうぞー!」
    クリュセイス
    CV.加藤英美里

    ちょっぴりわがままで、キラキラしたものとお菓子が大好きな美少女。
    背中には常にぬいぐるみをくくりつけており、何よりも大切に扱っている。
    基本的には明るい性格で、自由奔放に生きているのだが、過去のトラウマが彼女に大きく影響を与えたらしく、不安に怯える一面も。
    メルメルと色んな意味で仲が良く、一緒に遊んでいる場面がしばしば見受けられる。